高齢と健康寿命

健康寿命
健康寿命という言葉はご存知でしょうか?
およそ、平均寿命より10年ほど短い寿命です。
その字の通り、介護や人の助けを借りずに、健康的な生活ができる期間です。

超高齢社会を迎えた日本において、平均寿命より健康寿命をいかに延ばしていくか、が重要です。
自分の祖父母や両親、またいつか自分の高齢になったときに、やっぱり健康的でいたいですよね。

超高齢社会とは?
日本は現在、超高齢社会へと足を踏み入れています。
まず超高齢社会とは何なのか?
高齢化社会、高齢社会、超高齢社会は以下のように定義されています。

〇 高齢化社会:高齢者(65歳以上)が人口の7%を超える状態
〇 高齢社会:高齢者(65歳以上)が人口の14%を超える状態
〇 超高齢社会:高齢者(65歳以上)が人口の21%を超える状態

日本では、1970年に高齢化社会、1994年に高齢社会、2007年に超高齢社会になりました。
総務省統計局の情報によると、2018年にて、総人口1億2642万人(男性:6152万人、女性:6490万人)に対し、65歳以上の高齢者は3557万人(男性:1545万人、女性:2012万人)となっており、その割合は28.1%となっております。
総人口のピークは2008年の1億2808万人がピークで、以降は年々減少しています。一方、高齢者の人口は年々増加しています。
将来的には、
〇 2025年に総人口1億2254万人に対し、65歳以上高齢者は3667万人とその割合が30%に達します。
〇 2040年に総人口1億1092万人に対し、65歳以上高齢者は3921万人とその割合が35.3%に達します。

さて、では何故高齢者が年々増加していくのでしょうか?
それはおそらく以下のような要因があります。

① 医薬学・医療技術の進歩
昔は治らないとされた致死性の病気も効果的な薬、効果的な治療技術が次々に出てきました。また、例えばがんなどについても延命処置などができるようになってきました。これによって長生きできる環境が整ってきました。

② 農学の進歩
こちらも想像しやすいと思います。戦時中など食糧の供給がおぼつかなかった時代、栄養失調なども少なくなかったと思います。また栄養が足りないため、免疫力が低下し、病気になりやすくなってしまう、など悪循環もあります。

③ ベビーブーム
第二次世界大戦後のベビーブームはとても有名です。日本だけでなくアメリカなど諸外国でも同等の減少が起きました。日本では、第一次ベビーブームは1947年~1949年(いわゆる団塊の世代)、第二次ベビーブームは1971年~1974年(団塊ジュニアの世代)に起きています。これは近年の日本の出生率の2~3倍になります。

④ 少子化
ベビーブームと関連していますが、その後の景気の悪化などにより、ベビーブーム以降は出生率が年々低下しています。ベビーブームと出生率の低下により、高齢社会が顕著になってきています。

さて、ここで高齢社会の問題点などについては、例えば、医療費、税金、労働力の低下、あとは近年よくニュースになっている不注意事故(交通事故など)などがありますが、それらはこのブログでは触れません。
冒頭に示した通り、健康寿命をいかに伸ばしていくか平均寿命に近づけていくか、について色々と考察していこうと思っています。

よろしくお願いします。

参考
総務省統計局 https://www.stat.go.jp/index.html

背景
スポンサーリンク
fatezcをフォローする
生命・健康科学を4コマ漫画を交えてまとめていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました